So-net無料ブログ作成

ウルヴァリンの俳優がなった皮膚がんの恐怖



ウルヴァリンの俳優で知られるヒュー・ジャックマンが皮膚がんを発症させていました。


ヒュー・ジャックマンといえば映画『X-MEN』シリーズのウルヴァリンの俳優で愛日家としても有名ですよね。

そんな俳優ヒュー・ジャックマンが侵された皮膚がんとはどのようなものなのでしょう。



俳優ヒュー・ジャックマンが侵された皮膚がんの名は「基底細胞がん」と呼ばれるものです。


基底細胞がんとは、表皮の最下層である基底層や毛包などを構成する細胞が悪性化したがんのことです。
主に顔や頭に発症する皮膚がんでのため、原因は太陽光や紫外線だといわれています。


オーストラリア人の俳優ヒュー・ジャックマンは子どものころから日焼け対策をしていませんでした。


「オーストラリア人にとっては極めて普通のことだ。」と冷静になろうとしていましたが、がんはがん、さすがにショックが大きかったようです。


スポンサーリンク








俳優ヒュー・ジャックマンが最初に鼻にできものがあると気が付いたようです。

その時はウルヴァリンの爪でできた傷だと思ったそうです。

しかし、メイクアップアーティストの妻に診断を促された結果、皮膚がんを判断されました。


この皮膚がんはアメリカでは年間300万人が診断を受けるというメジャーながんで、医師によると、早いうちに外科的手術をすれば転移することはほぼないという。

がんの中では比較的軽いがんです。


早期発見できたのは妻デボラ=リー・ファーネスのおかげですね。

6回の手術を受け、皮膚がんの摘出をし、順調だと語っています。



皮膚がんに侵されたウルヴァリンの俳優、ヒュー・ジャックマンは、ファンに向け「日焼け止めをしないとこうなるというお手本だ」、「とにかく日焼け止めを塗ろう」と呼びかけています。




実は、この「基底細胞がん」は日本人の皮膚がんでもっとも多い皮膚がんです。

年齢が上がっていくにつれ、増加していきます。

やはり、早いうちから日焼け止めをしっかりしたほうがいいのですね…。

海で日焼けしている場合じゃないですね。


皮膚がんにならないように、必ず日焼け止めを塗って外出しましょう!!


とは言っても日焼け止めって塗るのめんどくさいですよね

手が届かないところもあるし、せっかく塗ったのに汗やプール、海で流れてしまって意味がないことも…

そんな悩みを解決してくれるのが最新の飲む日焼け止め!




飲むだけだから手間もかからず、汗で流れることもない

めんどうを省いて輝かしい肌を手に入れましょう♪


nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。